ジブリで中国語を学ぼう!

ジブリ映画の中国語吹き替えを聴いて中国語を勉強しています。

ジルと大ババ様の名前は・・

今回も「風の谷のナウシカ」の登場人物の
名前についてです。
前回はユパ様の名前だけで終わってしまい
他の登場人物に触れることができませんでした。

今回は城の人たちの名前についてです。
まずはナウシカの父で、
風の谷の王(族長?)のジルです。

 基尔 jī ěr 

「ジル」と名前を呼び捨てで呼ぶのは
ユパと大ババ様だけです。
ナウシカは「父上」と呼んでいて
中国語では「爸爸 bà ba」となっています。
谷の人々は「ジル様」と呼びますが
中国語では「基尔陛下 jī ěr bì xià 」です。

「陛下」は中国語でも同じような意味で
皇帝に対する敬称として使います。


出番はあまり多くはないものの
かなりインパクトがあるのが大ババ様です。
日本語ではみんなから「大ババ様」と呼ばれて親しまれていますね。

 祖奶奶 zǔ nǎi nai 

と中国語では呼ばれています。
ナウシカも同じように呼んでいます。

日本語の場合はジルとユパだけは
大ババ様のことを「ババ様」と呼んでいて
中国語ではこの二人が呼ぶときだけ

 老奶奶 lǎo nǎi nai 

と訳されています。

「祖奶奶」は一般的には「曽祖母(ひいおばあちゃん)」のことを言うようで
厳密には父方の曽祖母のことを言うようです。
「老奶奶」も「曽祖母」の意味があるようです。

もしや大ババ様はナウシカのひいおばあちゃんなのでは?と思ったのですが
どうやらナウシカやジルとは作品設定としては
血縁関係があるわけではないようで
年長者として一目置かれている存在のようです。

「老奶奶」や「祖奶奶」は
血縁関係がない年配の女性のことを
呼びかけとして使うこともあり
尊敬した意味を込めた
丁寧な言い方になるようです。
日本語でいうところの「おばあさん」とか
「おばあさま」のような感じでしょうか。

中国語は親族の呼称がやたら多いですよね。
微妙な使い分けがよくわからないので
「老奶奶」と「祖奶奶」の
ニュアンスの違いは分かりません。

ただ日本語のセリフと比べると
「大ババ様」が「祖奶奶」と訳されていて
「ババ様」が「老奶奶」と訳されている、
ということは分かりました。

ちなみに字幕では「老奶奶」「祖奶奶」ともに

 大婆婆 dà pó pó

と訳されていました。
「大婆婆」という言葉は
一般的には使われているのかどうか
調べてもよくわからなかったのですが
「大婆」という言葉は「曽祖母(父方の)」
の意味で使われるようです。

ここでは日本語の「大ババ様」から
「大婆婆」という言葉が生まれたか、
「おばあちゃん」の「婆婆」に、
さらにその上をいく年齢層ということで
「大」をつけたか、ちょっと分かりません。。

日本語でも「大ババ様」という言葉が
一般的にあるわけではないので
どっちかと言ったらこの物語の中での
固有名詞みたいな扱いに近いですよね。

そういう言葉を翻訳するのって
なかなか難しいのかもしれませんね。
英語版でどのように訳されているか
ちょっと気になって見てみたら
「Obaba」となっていました。
「great grandmother(曽祖母の意味)」
とかじゃないんですね。
やはり固有名詞扱いでした。


「老奶奶」も「祖奶奶」も
私の辞書には載っていなくて
他でも情報量が少なく、
何か間違った解釈をしていたらスミマセン。。


それにしても、日本語では
「ユパ様」「ジル様」「大ババ様」と
シンプルに「様」一択なのに
中国語では「大师」「老师」「陛下」など
敬称があれこれ変わってバリエーションが豊富です。

敬意を表す敬称で、オールマイティー的に
使えるような「様」にあたる中国語って
実はないんですね。
中国語の場合は性別で言い分けたり、
職業だったり、役職だったりをつけたりして
呼びます。

だから、日本語の「様」にあたる部分を
中国語に吹き替える時は
何かしらの敬称を選んでつけないと
いけないわけですね。

そう考えると、日本語の「様」って
便利な言葉でいいですね。